まじめにちゃんねる

奈良時代の一般庶民の食事www

 歴史 生活    majime2ch

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:05:28.83 ID:N/GUj2/X0.net
奈良時代の食事

便通良さそう

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:06:05.69 ID:PUpNu/iP0.net
玄米こんな少ないわけないやろ
44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:22:00.27 ID:ms20gFB5d.net
漬け物あるなら塩いらなくないか
52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:24:34.58 ID:moVgvGF+a.net
>>44
漬物は腹の足しやぞ
本心は塩で米だけを食いまくりたいんや
スポンサードリンク
119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:38:07.22 ID:+EJK0xDZ0.net
平安時代なんかのしもぶくれの顔は塩分の取りすぎて顔がむくんでるから
塩もそうだけど味噌や醤油が作られる様になってからそれらが全て穢れを払うという迷信も相まって塩分摂りすぎで死んでいった
4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:06:43.68 ID:UNP9LG+vd.net
この頃はまだケンタッキーって無かったんか?
19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:11:08.31 ID:iXPJObuWa.net
>>4
もうちょっと後やな
5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:07:32.05 ID:jV6t9adT0.net
ワイは寿司がたべたい
83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:31:18.32 ID:9jAoEqa4d.net
>>5
江戸前寿司なんて牛丼と大して歴史変わらんくらい浅い食べ物やで
7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:08:25.55 ID:a9ZjPIqap.net
タンパク質どこや
10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:09:14.16 ID:PUpNu/iP0.net
>>7
普通に鳥獣食ってたしな
21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:11:49.88 ID:9RXXywvYp.net
>>10
仏カスのせいで肉食文化は下品みたいな扱いになっとったんちゃうの?
鳥はオーケーなんやっけ?
27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:14:57.54 ID:PUpNu/iP0.net
>>21
魚食えるところと畿内だけやな
それ以外は普通に食肉しとったわ
8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:08:53.44 ID:0wfI+jby0.net
味ないやろこんなの
9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:09:07.61 ID:PYEju1uS0.net
生きてて全く楽しくなさそう
195: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:51:27.33 ID:1x2jbMd/0.net
このくらいの方が有難み補正で逆にうまそう
28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:15:10.62 ID:bMCcK9OJd.net
位が高いやつらもこんなん食べてたん?
36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:18:07.52 ID:5lvVqi2x0.net
>>28
せやで
むしろ高貴な奴は米ばっかたらふく食うのが最高の楽しみなんや
だから貴族でも栄養失調で死にまくってた
20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:11:45.22 ID:bCV2CCE50.net
奈良時代の食事
うーんこの土人
スポンサードリンク
22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:12:42.46 ID:53dfAMiV0.net
縄文時代の原始人の方がいいもん食ってる
23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:13:36.52 ID:PUuvHPAMd.net
こんな質素な食事させながら肉食禁止令出した天カス
31: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:16:32.27 ID:dsSLwJpxr.net
>>23
実際は食ってたんじゃないか?
それでなければわざわざ禁止令とかやらないだろ
33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:17:18.76 ID:EtzjLNUO0.net
2分で食べ終わりそう
49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:24:00.35 ID:QIVejJdV0.net
中世の中欧東欧だとほぼ毎年どっかで飢饉が起きたり食糧の買い占めがあったりで、
庶民は泥食ってたって聞いたで
85: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:32:02.75 ID:SqVu9F4D0.net
欧州の暗黒ぶりに比べると日本はまったりしとる
というか欧州がおかしい
50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:24:15.72 ID:JlO1oULur.net
たぶんこれ都住みの庶民じゃないかな
江戸もそうだけど都市部はおかずが貧相になる
58: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:26:37.90 ID:QIVejJdV0.net
火山灰食ってた戦中戦後の庶民よりマシなもん食ってるやんけ
60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:27:30.45 ID:+EJK0xDZ0.net
奈良時代の農民の平均寿命って25.4歳だぞ
しかも死因の大半が餓死か疫病での病死
72: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:29:28.53 ID:Ynp3lxdJ0.net
>>60
それって乳幼児の死亡率が異常に高いからちゃうの
大体そういう数字が出て来る時ってイメージより全然長生きしとるやん
それでも35とかで普通に死んでたんやろけど
75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:29:50.92 ID:yGgzKDFW0.net
>>60
こういうのって典型的な平均値の弊害だよな
中央値だと5~60だぞ
69: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:29:05.86 ID:+EJK0xDZ0.net
奈良時代は役人の取り立てが厳しくて庶民が食うものが無かった
蝦野粟って人の書物に「税の取り立て厳しく農民大変飢え苦しみ助ける手立て無し」という感じの文がある
94: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:33:36.07 ID:yGgzKDFW0.net
>>69
山上憶良とかもそうだけど「政府批判しとけばインテリ」みたいなのが流行った時代だから鵜呑みにできんよ
実際は東北の貧困地帯はともかく、全体的に民衆でも1日2食はあたりまえで豊かだったし
108: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:35:54.10 ID:3bl3bkrz0.net
>>94
豊か(餓死)
78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:30:07.22 ID:Za2G+X7bd.net
お前らみたいなのでも厳しい生活を乗り越えたご先祖様の末裔なんやで
87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:32:11.37 ID:+EJK0xDZ0.net
室町中期頃になってやっと農民が腹いっぱい腹の中に食べ物を押し込める時代になった
89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:32:21.19 ID:+PfIwSeb0.net
やべーなこれ北朝鮮かよ
91: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:33:08.93 ID:SqVu9F4D0.net
>>89
1500年ぐらい前の下層民と同じレベルの北朝鮮がやばいんやで
95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:33:54.44 ID:6cjU/+ahp.net
歴史の資料集に貴族は貴族で白米だけ多くて栄養足らなそうな食事が載ってたな
隣に載ってた武士の食事は美味そうだった
104: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:35:29.67 ID:QIVejJdV0.net
>>95
平安時代ってガチで生産性低いから貴族でも地方の荘園持ちや参議とかの殿上人以外はガチで生活ヤバかったらしいで
98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:34:09.79 ID:+EJK0xDZ0.net
当時の貴族の1食辺りの食塩量が22.5g
農民の1食辺りの食塩量が0.5g
カロリー計算だと貴族が1食893~1492キロカロリーで農民が1食183~328キロカロリー
123: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:38:50.33 ID:iXPJObuWa.net
>>98
農民はアウシュビッツ在住かなにか?
113: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:36:28.96 ID:EcDduhUi0.net
>>98
格差凄いな・・・
貴族は塩分多すぎやけど
117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:37:53.89 ID:QIVejJdV0.net
>>113
格差すごくて食生活も違う上に、そんなのが何世代も続いてるから殿上人と平民で平均身長20センチ違ったらしい
101: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:34:43.81 ID:EcDduhUi0.net
焼き魚でもあれば、だいぶ違うやろなあ。
海産物モリモリ食える漁師は勝ち組やで。
115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:37:19.29 ID:F+YpRf1y0.net
この時代ってなんか定食屋みたいなのあったんやろか
127: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:39:19.70 ID:QIVejJdV0.net
>>115
日中の仕事の合間に水とか、ちょっとした軽食なら出す店はあったと思う
そもそもこの時代の人たちの生活は日照時間に支配されてるから、
仕事が終わったら余所でメシ食うなんて時間的余裕は無かったらしい
182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:48:47.05 ID:6xrmp6U30.net
この頃って渡来人は時代の最先端行くイケイケな存在だったらしいな
ってことは白米はイケてる最新鋭の食べ物ってことやね
200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:52:32.69 ID:z2PBth7ja.net
都市部で白米が流行ってたのは味の問題もあるけど、燃料の問題がある
玄米は炊くのに燃料が多く必要
213: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:54:36.91 ID:3bl3bkrz0.net
>>200
玄米が燃料を沢山必要とするからどんどん日本の山は荒れていくんだよな
日本むかしばなしの松しか生えてない荒れた山は時代考証的にかなり正しい
202: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:52:54.13 ID:aNAwy8qBd.net
奈良時代とはいえ山に行けば野草とか果物があったやろうからこんな貧しい食事は冬の終わりぐらいやろ
211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:54:11.49 ID:a9LsdyTj0.net
>>202
今の杉ばっかの森からは果物があったなんて想像もつかないんやけど昔はあったん?
222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:55:47.09 ID:aNAwy8qBd.net
>>211
杉ばっかになったのは戦後やで
住宅需要が高まったから早く育つ杉を植えまくった
210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:53:59.26 ID:EcDduhUi0.net
こんなんあるんやな

土粥
伝えられる作り方は2通りある。

土はどんなものでもよいが腐葉土がよいとされる、水と土を4~5:1の割合で混ぜ合わせ沈殿するのを待ち水を捨てる。これを何度も繰り返す。その際ゴミや砂利、石なども取り除く。綺麗になった土を三日間水に漬けおく。この際も1日3~4回水を交換する。最後に土に適量な水をいれ沸騰させて完成する。(つまり土自体を食べる)
次のやり方も腐葉土がよいとされる、土と水を1:1でかき混ぜ沈殿するのを待ち水を捨てる。その研いだ土に水を加えかき混ぜ今度は上水を取り置き沸騰させる。すると水の中の有機成分があくとして出てくるのでこれを食べる。(こちらは土は食べない)

225: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:56:05.78 ID:i7ThE2dGd.net
>>210
ヒエッ
死ぬやろこれ
190: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:50:22.28 ID:QIVejJdV0.net
ちな日本の庶民はは戦後間もない頃も腹を膨らますためにベントナイトという火山灰や珪藻土を乾パンやビスケットに混ぜて食べてた
江戸時代は珪藻土を「食べられる土だ」と聞いて食べ過ぎて糞詰まりになって死んだ人も居る
227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:56:30.80 ID:iXPJObuWa.net
生って本来過酷なんやな

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1458306328/

カテゴリー : 歴史 生活

タグ :