まじめにちゃんねる

地球外生命体「宇宙広いンゴねえ…」

 生物 科学    majime2ch

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:06:04.71 ID:SnZXwQ7t0.net
地球外生命体「宇宙のどこかにはワイらみたいに文明築いた星があるンゴかねえ」


宇宙

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:06:55.74 ID:x/RRkzZIp.net
宇宙人は絶対に地球人より高度な文明があるみたいな風潮
3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:07:36.06 ID:p1YHU/fBM.net
>>2
星何個あると思ってんねん
5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:08:36.11 ID:lhYve6NB0.net
>>3
地球上の原子の数より多いってマ?
スポンサードリンク
21: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:13:57.66 ID:mMkvBj8E0.net
>>5
一つの銀河に恒星だけでも数十億個あるんやったら、そら地球上の原子の数より多くなりますわ
976: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:51:24.84 ID:3qYaJLhC0.net
>>21
テニスボール一個で原子1京やか1該やろ?
宇宙広すぎやろ…
702: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:28:09.30 ID:8UBGdwuna.net
そもそも地球が太陽からの距離がちょうど良かったとか言う奇跡みたいな惑星やからな
753: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:32:47.04 ID:dNj4kaSb0.net
>>702
地球って星が出来てそこに生命体が誕生したのは
猿にワープロ持たせて一冊の長編小説と全く同じ文面を偶然打ち込むぐらいの奇跡って学者が言ってたわ
いくらうちうが無限でも他のとこでそんな可能性が起こってるとはやっぱ簡単には思えんわ
808: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:36:49.12 ID:6BpZ5GTQ0.net
>>753
違うぞ猿タイプはアミノ酸の配列の確率やぞ
841: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:40:11.66 ID:dNj4kaSb0.net
>>808
読んだのが昔過ぎてわからんくなってたわ
後はなんだ、バラバラのパーツを袋に入れて適当に振ったら時計が組み上がってたとか
神様がいて全部神様が作りましたって言われた方がまだ納得いくレベル
907: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:45:12.32 ID:8UBGdwuna.net
>>841
あー時計の話は何かで聴いたことあるわ。
215: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:49:34.04 ID:s/B3t8aX0.net
宇宙のどこかには文明の発達した星があるのかも知れんけど
地球とコンタクトとるレベルに発達した星はどこにも無いってことやな
281: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:55:21.00 ID:rkk098NYr.net
>>215
生命が生存可能な星であること、偶然遺伝子のような情報が突然生まれること、しかもそれが何らかの方法で増殖する方法を取得すること、その全く偶然に生まれた生物が極僅かな大抵マイナスに働く突然変異や種を滅ぼしかねない進化や淘汰を重ね
最終的に自我と知恵と技術を持った文明を持ちしかも我々人間と同じ世界の認識の中に生きている事

絶対ねーわ

346: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:01:02.51 ID:iy0mcZA6d.net
>>281
宇宙の広がりを考えたらあると考えたほうが自然やろ
8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:10:53.91 ID:YE/xNzAC0.net
ワイが死んだ500年後くらいに他の星が戦争仕掛けて来たりするんやろか
42: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:18:35.62 ID:/jXWdEzIa.net
>>8
そもそも生命体が存在しそうな恒星は光速でも500年では行けないから無理やで
66: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:24:30.97 ID:zu4JeQDO0.net
>>42
もう出発しとるかもしれんで
177: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:46:16.95 ID:/jXWdEzIa.net
>>66
14光年離れたとこにいる可能性は高いらしいから、14光年前に出発してればいける(絶望)
453: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:09:17.28 ID:QYyrCchR0.net
>>177
光年は距離やで
スポンサードリンク
12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:11:20.89 ID:3MJgBMePp.net
落ちこぼれ宇宙人が最新の機械だけ持って地球にドヤ顔しにきそう
13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:11:56.48 ID:OrHTFU92a.net
>>12
江戸時代タイムスリップ妄想に似てる
27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:15:26.65 ID:gGYgP8QB0.net
>>13
江戸時代って技術自体は相当発展してるよな
あの手のタイムスリップ系はいつも過去の人間を何も知らない馬鹿みたいに書いてて不快だわ
仁なんかはそうでもないけど
44: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:18:52.08 ID:XNWP+EcH0.net
>>27
いや、馬鹿だろ
20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:13:22.43 ID:cU/xqOIMd.net
地球外生命体とかいうけど
人間に都合良く考えすぎちゃうか?
他の星を見ろや、地球とはまるで環境違うぞ
仮に生命体がおっても微生物みたいなんとかやと思うで
まして機械とか使ってるわけないやん
24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:15:00.08 ID:4vcLLJYJM.net
>>20
ワイらも元をたどれば微生物やで
何言っとるんや?自分ら以外生き物なんていないとか地球人傲慢杉内?
28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:15:38.89 ID:sQ17XWr40.net
>>20
そもそも
我々には見えないかも
見える、見えないとかの概念も彼らからしたら滑稽かも
282: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:55:28.46 ID:TQw69vue0.net
>>20
ワイらにとっての「28度」は地球外生命体にとっての「マイナス100度」かもしれへんで
逆に言えばワイらが「あんな星住めへん」って言っても地球外生命体にとっては「28度」かもしれへん
306: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:57:36.95 ID:yOmjGf3y0.net
>>282
原子は同じだから炭素ベースならある程度の範囲に落ち着くんちゃうか
32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:16:17.03 ID:lo+8izjy0.net
地球人「酸素+グルコース! 美味い! TCA回路! 高効率エネルギー! 完飲。」
宇宙人「酸素って…うわぁ…」
45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:19:40.74 ID:iN63BjtT0.net
>>32
宇宙人は地球に来ても宇宙服はまず脱げないやろなぁ…
34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:16:44.52 ID:RxqUKQPA0.net
もし生まれ変われるなら何処か遠い星の地球より遥かに文明が進んでる星の知的生命体に生まれたいンゴ
でもワイを形つくってる物質は地球から出ることはないんやしまた地球に生まれるんやろな
75: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:26:47.04 ID:x7DtF86x0.net
捕食と代謝と増殖のサイクル以外で恒常性を獲得できた知性体も存在し得るんちゃうやろか
でもそこまで行くとワイらが見ても存在に気づけないんやろなぁ
107: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:33:18.94 ID:qEkmI8j9p.net
ボイジャー
地球外生命体「えぇ…」
110: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:34:21.84 ID:esfRuOR00.net
>>107
こんなん解読できるわけないやろ
111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:35:02.32 ID:XNWP+EcH0.net
>>107
なにいってだこいつら
117: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:36:18.95 ID:yOmjGf3y0.net
>>107
下のは太陽系のこの星から出たんやでって意味やろ
左と左上の意味がわからん
人間の後ろの模様もなんや
118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:36:38.53 ID:cU/xqOIMd.net
>>107
いきなりこんなん届いても意味不明やろなw
136: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:40:37.02 ID:lo+8izjy0.net
>>107
でもこれが中世ヨーロッパレベルの文明に落ちたら聖遺物扱いだと思うで
147: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:42:29.78 ID:rkk098NYr.net
>>136
中世ヨーロッパなめすぎやろ
十五世紀にはガリレオを排出した地域やぞ
164: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:44:31.18 ID:k7/Qpw1o0.net
>>147
それはルネサンスちゃうかな
198: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:48:06.79 ID:rkk098NYr.net
>>164
まだギリ中世末期
しかもちゃんと天文学の下積みがあったからガリレオも生まれたんやで
ヨーロッパの中世が暗黒なんは序盤だけや
中世盛期にはそこらの地域にも負けへん文明レベルやってんぞ
928: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:46:46.52 ID:4bNwawWo0.net
>>107

フランク・ドレイクによると、この金属板に描かれた人間が裸であることについて多くの否定的な反応があった(Sagan, 1978)。
シカゴ・サンタイムズは男女の絵の性器を隠すように画像を修正して掲載した。
ロサンゼルスタイムズは、NASAは宇宙に猥褻画を送るために納税者の金を浪費したと非難する読者からの「怒りの手紙」を受け取った。

932: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:47:10.23 ID:UbCqoOmkr.net
>>928
131: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:39:29.80 ID:V9JRjwkX0.net
そもそも宇宙人がいたとしても人類が存続してる間にコンタクト取れる可能性はゼロに等しいから心配せんでええで
145: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:42:17.18 ID:x7DtF86x0.net
>>131
時間のスケールがもう違うかも知れんやん?
132: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:39:30.34 ID:Y4ddPkwUd.net
普通に広すぎて接触ない説が有力やと思うけどな
142: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:41:37.38 ID:owd1lc1TM.net
科学者が言うには
「知的生命体のいる星をいきなり侵略するような攻撃的な種族は
文明が発達する過程で内部で戦争して滅び去ってるから
地球まで来れるような高度な科学文明持っている異星人がいたとしても
侵略されるような心配は無い」らしい
146: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:42:27.96 ID:XNWP+EcH0.net
>>142
一理ある
160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:43:48.14 ID:rkk098NYr.net
>>142
白人が地球を支配してる時点でその理屈はおかしいんだよなぁ
179: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:46:35.52 ID:nPxOOIJv0.net
でも人類が宇宙進出したら真っ先にやる事って間違いなく別惑星からの資源搾取だよね
205: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:48:41.73 ID:YFsnU/7H0.net
>>179
別惑星にいけるレベルの技術が出来る頃には完全に無限のエネルギー手にしてるやろ
資源目的ってのは無いと思うわ
194: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:47:36.58 ID:Y6jtLFjDd.net
人間からしたっての惑星外に出るメリットが本当にないからなあ
209: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:49:01.58 ID:XNWP+EcH0.net
>>194
人間にはフロンティアスピリッツがあるんやぞ
メリット度外視やぞ
236: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:52:05.33 ID:XNWP+EcH0.net
知的生命体は一定水準の科学力を手にすると
仮想現実を作ってそこに引きこもる説はどうや
自分たちの理想郷を仮想現実に作れるんだから星の外に出てイカンでもええやろ
299: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:57:06.37 ID:5D8exToGp.net
>>236
知的生命体が知性を有するという前提なら
知的好奇心が向かうベクトルは多様だからその帰結はおかしい
239: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:52:17.89 ID:OfACunaC0.net
実は宇宙人は普通にいるけど三次元にいるわけやないんちゃうんか?
四次元とか五次元の世界にいそうや
257: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:53:22.34 ID:C4KdKsWS0.net
>>239
そのとおりやで
でもちょろっとだけ3次元にもはみ出てるからUFOとか見えちゃうんやで
265: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:54:14.14 ID:Pt9tMyC7r.net
>>257
UFOってもしほんとに実在するならデザイン終わってるよね
290: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:56:22.78 ID:dN0tAbz30.net
いつも思うんやけど、これだけ広い大宇宙なら死ぬほど高度な文明もってる生命もいそうやん?
そしたら光速限界とか越えてる可能性だってあるやん?
そしたら曲がりなりにも(支配するとかは別として)一応生命のいる星巡ったりしそうだけど
オカルト抜きにしたら地球にそんなやつきたとかないし

どれだけ技術が進もうが光速限界こえられんってことやろうか?

303: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:57:21.27 ID:YuX4ua3C0.net
>>290
地球の位置は宇宙でもクッソ端っこやからまだ誰も来てないだけなんやで
318: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:58:39.01 ID:dN0tAbz30.net
>>303
地球みたいな星が何百万でもあるからたまたまわざわざ選ばれてない可能性もあるかもンゴねぇ…
310: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:57:52.42 ID:s/tW9sHD0.net
地球と同じような環境の惑星があって生命が同じ速度で進化するとして
惑星誕生がほんの1000年向こうが早かったら、技術は全然負けてるやろなあ
327: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 12:59:38.98 ID:0HIysz+H0.net
宇宙人が来るの待つより微生物とかを他の惑星にバラ撒きまくったほうが手っ取り早いやろ
339: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:00:32.43 ID:Nx8B1Huid.net
ワイらが想像すればするほど宇宙は膨らんでいく可能性
349: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:01:09.74 ID:gEfqppXxp.net
>>339
素晴らしい考え方やな
人の心こそが世界だな
402: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:04:49.34 ID:bTciqFPE0.net
>>349
人の心なんて宇宙の大きさに比べればダニみたいなもんやで
373: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:02:55.70 ID:8jcl8rJf0.net
>>339
古代ギリシャでは観測できる宇宙の外には
人の思考だけがアクセスできる知識の宇宙が物理的に連続で包み込むように広がっているとかいう謎の理論があったな
399: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:04:29.64 ID:Nx8B1Huid.net
>>373
知識の宇宙とかこれもうわかんねぇな
368: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:02:38.65 ID:abVmKzvip.net
宇宙の話ってなんかもう科学超えて哲学的やな
インターステラーみたいに愛の力が次元を繋いでも宇宙なら不思議やないな
357: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:01:56.49 ID:rkk098NYr.net
断言しても良いけどこの宇宙に他の生命体はおらんで
地球が異常やねん
生物の成り立ちからして偶然偶然アンド偶然の連続で創造論信じたくなるぐらいや
ワイら地球は宇宙で一生孤独なんやで
366: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:02:36.61 ID:dN0tAbz30.net
>>357
そんなん断言されても反証しようがないんだよなぁ…
417: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:05:58.71 ID:rkk098NYr.net
>>375
遺伝子って情報やん?いわば設計図や
情報は絶対に偶然に出来るもんやないねん
腕時計の設計図が落ちてて「偶然に出来たんやな」なんて思わんやん?
やのにより高度な設計図であるDNAを見てなんで「偶然に出来たんやろな」なん思えるのか不思議や
451: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:09:08.49 ID:V9JRjwkX0.net
>>417
一理ある
467: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:10:16.48 ID:bVUypXKi0.net
>>417
それでも、きっかけは偶然なんやで
偶然山に火がついたから人類は火を獲得したわけだし
偶然なにかがあったから、脊椎動物は背骨を獲得したんや
526: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:15:42.39 ID:V9JRjwkX0.net
>>467
この「偶然」って学問最大の逃げやと思うわ
神が作ったと同程度に無責任な言葉や
0.000001とかでも数億回、数兆回やれば「偶然」できるやつも出てくると言う
タンパクから遺伝子が偶然発生すると言う、偶然水から陸に上がると、偶然に毛が生え頭脳が肥大化し、偶然猿が人になると言う
そんなもん何無量大数回やろうと有り得ないもんは有り得ないんやわ
575: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:19:24.65 ID:QEgQUO890.net
>>526
一番最初の生命がそれこそ中国人みたいに歴史書作ってたら
どうやって生まれたかわかるやろうけどタイムマシンでもない限りわからんやろ
技術者かなんかが設計したわけでもなかろうしんまあそうよくわんなかったですってのを偶然って言ってるだけやぞ
421: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:06:32.41 ID:BOKCSi1v0.net
海辺の波がピチャピチャして泡ができて
その泡の中でアミノ酸が奇跡的なええ感じの配列に並んだ瞬間に近くに雷が落ちて
電気ビリー走った事で原始生命が起動したんやで
438: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:07:55.76 ID:66blToZL0.net
>>421
人間はきっと人工的に造られたんやろなぁ・・・
477: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 13:11:16.21 ID:C4KdKsWS0.net
遺伝子の自然発生は絶対にありえない
これはもっと別の存在に作られたもので宇宙人も関与してない

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1454123164/

カテゴリー : 生物 科学

タグ :